@WebsterGTarpley

Archives

日本

 

アルカイダ:CIAの傀儡によるリビアからイエメンでの反乱

TARPLEY.net – 2011年4月3日

ワシントンD.C. 4月3日 ― 帝国主義の攻撃から二週間後、リビアはアルカイダのテロリスト、内戦、NATOの空爆、巡航ミサイル、プレデター無人戦闘機、C-130ガンシップによって台無しに切り刻まれている。これらはすべてCIAを後ろ盾にしたキレナイカのアルカイダ勢力によって可能となった。アメリカ、イギリス、フランス、オランダー部隊は反乱軍を主導し、さらに近代武器の提供、反乱軍を武装されることは、明らかに国連安全保障理事会決議1973に指定されている武器禁輸条例に違反している。更にチャド大統領の報告によると、アルカイダは重装武器を自らも盗んでいることが明らかになった。それらの動乱の背後には米英の色の革命レトリックという愚かな帝国主義の野蛮かつ残虐で悲哀な思想が独立した近代国家そのものを破壊しようとしている。 続きを読む アルカイダ:CIAの傀儡によるリビアからイエメンでの反乱